【九州プロレス】公式ニュースBLOG

九州発信!【NPO法人 九州プロレス】の最新情報をお知らせします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7/8「筋肉山笠`12」試合結果

九州プロレス四周年記念大会「筋肉山笠`12」
2012年7月8日(日)
福岡市天神・西鉄ホール 観衆404人(超満員)


※入場式…白波、筑前へ決別アクション!


入場式、四周年の挨拶をする筑前理事長のもと、
メキシコから帰国後、九州プロレスを退団した白波が登場。
九州プロレス時代からは全く想像できない
ふてぶてしい態度で、筑前に歩み寄る。
メインで闘う二人、筑前が握手を求めると、
白波は、顔面へのキックで返答。
自らのこれからの立ち位置をはっきりと意思表示。



1.筋肉追い山ならし・15分1本勝負
×田中純二(6分57秒 TKO)ウォーターマン日田丸○


プロレス界の「山笠」のオープニングは、
九州プロレス一番山 田中純二。
当日発表の対戦相手Xは、大分県日田市からやってきた
「日田天領水」をモチーフとしたニューカマー、
ウォーターマン日田丸。
IMG_7381.jpg
日田丸は多彩な蹴りを得意とするU系ファイター。
序盤からグランドの取り合い、シバキ合いと、
お互い闘志を剥き出しにしたバチバチファイトを展開。


張り手ラッシュ合戦を制した純二は勝負に!
ブロックバスターから脇固め、
さらに一本背負いからの脇固め、腕固めとフィニッシュを狙う。
しかしロープに逃れた日田丸は、
一瞬の隙を突いて、顔面に膝蹴り!
ふらつく純二に狙いすました天領蹴り(ハイキック)!
崩れ落ち意識朦朧の純二にレフェリーストップがかけられた。
IMG_7468_20120709012124.jpg
ニューカマー、ウォーターマン日田丸、
まさかのデビュー戦で純二を撃破する大番狂わせ!




2.じいちゃん聖地降臨・20分1本勝負
×台風(8分17秒 がばいボム)がばいじいちゃん○


今年1月、最強九州男児トーナメントに初登場した、
がばいじいちゃん。
今回、九州プロレスのホーム会場、聖地・西鉄ホールに初降臨。


対戦相手は、九州プロレスで圧倒的な会場人気を誇る、
自然災害系ヒーロー、台風。
自然災害vs高齢者のドリームマッチが実現した。


今回もまた、入場にたっぷり時間をかけるじいちゃん。
会場スクリーンには、会場周辺で迷子になっている
じいちゃんの様子が生中継される。
ようやくリングに到着したじいちゃん。
4周年のお祝いを持参。しかしそれは香典という一幕も。
IMG_7496_20120709012210.jpg
試合は、じいちゃんのみ杖の使用が認められる
「高齢者特別ルール」。
じいちゃんのスローすぎるじいちゃんムーブ、天神初披露。
また、時には凶器に、時にはロープブレイクにと
巧みな杖さばきで、台風を翻弄。
台風も傘を持ち出し、傘vs杖のチャンバラ合戦。
さらには、杖をついたロープ綱渡りまで披露するも、
台風に杖を奪われ転落。


杖を無くした怒りのじいちゃん、がばいスイッチがONに!
じいちゃんにはあり得ない超ハイスピードなロープワークから
宇宙人プランチャ、フライングボディアタックとがばいムーブ。


負けじと台風も、得意の台風クレイドルで反撃。
IMG_7569_20120709012233.jpg
目が回ったじいちゃんは、今度は狂乱モードに。
杖を台風ののどに突き刺し、レフェリーの注意も耳が遠く無視。
さらにレフェリーにまで手を出す狂乱ぶり。
IMG_7582_20120709012259.jpg
台風、その隙をつき得意のヒップアタックを狙うも、
なんと、じいちゃんは杖浣腸で迎撃。
IMG_7589_20120709012326.jpg
そして、コーナーに上った台風を捕らえ、
がばいボム(スパイラルボム)で台風から完全勝利!
IMG_7609_20120709012347.jpg
がばいじいちゃんの「がばさ」に天神のファンは酔いしれた。



3.討伐団にバンバンシュート!・30分1本勝負
×バンバン・ギラン(10分33秒 883[パパサン])相島勇人○


サッカーJ2ギラヴァンツ北九州からやってきた
バンバン・ギラン。
九州討伐団のボス、相島と初の一騎打ち!


多彩な蹴技と鋭利なクチバシで
相島を痛めつけるギラン。
あまりの執拗なクチバシにブチキレる相島。
強烈なパンチ、チョップ、エルボードロップと畳みかけ、
さらには強烈なキャメルクラッチや場外戦で、
ギランの腰に集中攻撃!
IMG_7698_20120709012417.jpg
ようやく息を吹き返したギランは、
延髄斬り、スーパーイナズマシュート、黄金の右、
サッカーボールキック、バンバンサルトと勝負に出る。
しかし、百戦錬磨の相島には通用せず。
IMG_7705_20120709012438.jpg
相島はうるさいとばかりに、強烈なラリアットで反撃、
バックドロップ、投げっぱなしパワーボム、
仕上げは拷問技、883(パパサン)でギランを仕留めた。




4.九州×沖縄プロレスサミットⅣ・30分1本勝負
○めんたい☆キッド & 阿蘇山
(13分9秒 体固め)怪人・ハブ男 & エイサー8(エイト)×
※めんたいスプラッシュ


四周年の九州プロレス、今回、4度目を迎える
九州プロレスvs沖縄プロレスの団体対抗戦。
沖縄プロレスが送り込んだのは、
一日前のチューバートーナメント2012の覇者、怪人・ハブ男と、
準優勝を果たしたエイサー8という沖縄プロレストップ2。


試合は、阿蘇山とエイサー8の闘いでゴング。
あまりの体格差、パワーの違いに
軽々と吹き飛ばされるエイサー8。
IMG_7789_20120709012509.jpg
ハブ男にシングルで負けているめんたいは、
リベンジに燃える。
しかし、前回と同様、強烈なムチ攻撃を受け悶絶。
さらにアンクルホールドでスピードを封じ込まれる。
IMG_7834_20120709012537.jpg
沖縄組の波状攻撃に苦しめられるめんたい。
ようやくチェンジした阿蘇山は、
ハブ男、エイサー8、二人まとめてドロップキックで吹き飛ばし、
強烈な串刺しラリアット、万トーンと大逆襲。
IMG_7855_20120709012601.jpg
沖縄組も負けじと反撃、
ハブ男のシャイニングウィザード、
エイサー8のダブルニードロップ、太鼓の乱れ打ちと、
阿蘇山に集中攻撃!


チームワークでは、沖縄が一枚上であったが、
ここで、めんたい&阿蘇山も息が合った攻撃を!
阿蘇山の上にめんたいが立ち、
エイサー8めがけて阿蘇山上空からのフットスタンプ!
IMG_7872_20120709012633.jpg
さらに阿蘇山は、めんたいを抱えたまま、72,000g増量万トーン!


そこから試合は激化!
めんたいとエイサー8はリング上で一進一退の攻防。
阿蘇山はハブ男と場外戦に。


めんたい★キッドはエイサー8に
得意のコーナーtoコーナーのミサイルキック。
IMG_7931_20120709012711.jpg
さらに、強烈なファルコンアローからの、
見事なめんたいスプラッシュで、
エイサー8から3カウントを奪った!


めんたい★キッド
「とっても気持ち良かったです!
 沖縄プロレスvs九州プロレス、
 また、やりましょう!!」
試合後はノーサイドで、ガッチリと握手!





5.九州プロレス選手権試合・60分1本勝負
○<王者>筑前りょう太(23分5秒 片エビ固め)白波佑助<挑戦者>×
※まっすぐとぶバイ
※初代王者が初防衛に成功


4年前の九州プロレス旗揚げ戦。
その記念すべき第一試合を戦ったのが、
その日、再デビュー戦に挑んだ白波と、
胸を貸した筑前の二人だった。
そんな二人が、今回は全く状況の違う中で、
タイトルを賭け闘う。


2010年1月から1年2ヶ月のメキシコ修行に旅立った白波は、
今年春に帰国したものの、九州プロレス退団へ。
九州を離れフリーという立場で、
「九州プロレスのヒエラルキーをぶっ壊す!」と
筑前の挑戦者として名乗りを上げた。


約1年半ぶりに福岡のファンの前に姿を現した白波は、
所属時の実直な姿から想像もつかない、ふてぶてしい態度。
白波の帰りを待っていた福岡のファンも、
応援したらいいのか、ブーイングすべきなのか判断できず、
会場が微妙な空気に包まれる。
IMG_7977_20120709012737.jpg

試合は、筑前をおちょくるかのように、
心理戦で逃げ回る白波。
ふてぶてしさに加え、あまりの試合スタイルの変貌に
明らかにいらつく筑前。
白波、ようやく筑前に真っ向からぶつかるも、
筑前はびくともせず、「全然、効かんたーーい!」


真っ向勝負だと不利と見た白波は頭脳戦へ。
筑前の膝に標準を絞り、執拗なまでの膝攻撃。
膝への低空ドロップキック連発、
ドラゴンスクリュー、膝への椅子攻撃。
ロープに絡ませ、膝へのスライディングキック。
あまりのしつこい膝攻撃に、筑前も崩れはじめる。
IMG_8068_20120709012808.jpg
怒りの筑前は、風車式バックブリーカー、
顔面への低空ドロップキック、
投げっぱなしジャーマンと反撃。
とぶばい!で仕留めようとするも、ドロップキックで阻止。


白波は、場外の筑前へトペ。
さらに「壊すぞ!」と叫んでからのドラゴンスクリュー。
そして「お疲れ様でした!」と足四の字固めで四周年を皮肉。
その後も、左膝から右膝へと、しつこすぎる膝攻撃は延々と続き、
ペディグリーからのフライングボディプレス、
IMG_8125_20120709012831.jpg
再度、足四の字固めと、執念でギブアップを狙う白波。


足元から崩され、追い込まれていく筑前。
白波のスワンダイブ攻撃を、強烈な「がつんといくばい!」で、
叩き落としようやく反撃開始!


さらに、もう一度、がつんといくばい!
再び、その場で叩き込むがつんといくばい!
さらにもう一発、もう一発、もう一発と、
筑前も執拗なまでに叩き込む。
これだけのがつんといくばい!を食らい白波はダウン。
それでも、カウント9で引き起こし、
今度は、高角度の「上げて落とすばい!」
IMG_8252_20120709012856.jpg
さらに、完全にKO状態の白波に
とどめのまっすぐとぶばい!を決め3カウント。
筑前、九州プロレス選手権初防衛に成功。
IMG_8263_20120709012917.jpg

試合をリングサイドで観戦していた相島。
マイクを握り…
「白波!まだまだ修行が足りないようだな!
 筑前!近い将来、俺がそのベルト巻いてやるから、
 磨いておけよ!」


そして、筑前は白波に…
「ずいぶん悪くなったな!
 4年前の再デビュー戦から変わりすぎたい!
 成長したよ、お前!」


白波もマイクを握り、
福岡のファンに改めて帰国の挨拶。
「言い残したことがあって…
 心につかえたことがあって…
 白波佑助は福岡天神に帰ってきました!


 筑前りょう太!
 俺が執拗に攻めたわけがわかるか?
 俺の大好きな言葉、
 “ギブアップは相手を讃えるコールだ!”
 それ(ギブアップ)を言わせたくて…
 一年半が無駄じゃなかったって、
 認めてもらいたくて…。
 いつか絶対、選手生命、縮めてやるからな!


 俺は、俺を必要としてくれるところに行く!
 誰かの下につくわけじゃねえ!」


筑前も白波に…
「どこでも行っちまえよ!
 どこでも行けよ!
 たださ、元気でな!
 たまに、その憎らしい顔見せろよ!」
IMG_8291_20120709013109.jpg

最後は、所属選手がリングに上がり、
恒例の「九州ば元気にするバイ!」で
四周年記念大会をしめた。


  1. 2012/07/09(月) 01:07:54|
  2. お知らせ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。