【九州プロレス】公式ニュースBLOG

九州発信!【NPO法人 九州プロレス】の最新情報をお知らせします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

九州プロレス12/6西鉄ホール大会試合結果【一部写真追加】

九州プロレス「筋肉せいもん払い」
2009年12月6日(日)福岡市・西鉄ホール
観衆432人(超満員札止め)

ASC_4451_convert_20091209091201.jpg


1.博多 華味鳥杯 1DAYタッグトーナメント 一回戦
○筑前りょう太&田中純二(3分22秒 エビ固め)台風17号&台風18号×
※ローリングソバットから


九州プロレス唯一のタッグ屋である台風コンビ。
世界自然災害タッグチャンピオンチームを自称するだけあって、タッグトーナメントには並々ならぬ気合い。
対するは、優勝候補筆頭の筑前&純二組。
一日で3戦勝ち進まないと優勝できないため、試合前のコメントでは、短期決戦を誓う。

しかしゴングが鳴ると、逆に台風組から奇襲攻撃を受ける。
息のあったチームワークは台風組が一枚も二枚も上手。
前半は台風ペースに。
しかし筑前は、台風の相打ちを機に、「行くば~い!」とたっぷり助走を付けてのスピアー、さらに、珍しくローリングソバットを放ち、たった2つの技で台風を仕留めた。

予告通り短期決戦で勝負を決めた筑前は、「優勝するば~い!」と優勝宣言!


2.博多 華味鳥杯 1DAYタッグトーナメント 一回戦
○めんたい☆キッド&白波佑助(10分14秒 片エビ固め)ユタカ×&ショーイチ
※めんたいスプラッシュ


おくんちCUP準優勝のめんたいと、昨年度のタッグトーナメント覇者・白波のフレッシュコンビ、夢色志士隊。
白波は、日の丸と島津藩の家紋をモチーフとしたニューコスチュームで登場し、トーナメントへの意気込みを伺わせる。
一回戦から因縁の中洲軍団と激突!
中洲は、夏にめんたいに折られた脚が完治せず、今回はプレイングマネージャーとして登場。

試合は、白波とショーイチの激しいシバキ合い、めんたいとユタカのスピーディーな攻防で白熱の展開。
しかし、度々、セコンド中洲の介入に合い、なかなかペースがつかめず。
さらに、ユタカもチェーン攻撃や、四方へのサッカーボールキックで大ブーイング。
一方、白波は、新技でユタカを豪快に投げ落とし、エルボーの乱打。  
ユタカもアストロシザース、ミサイルキックと波状攻撃。
変わったショーイチも白波を集中攻撃。
白波、大コールを受け、逆転の新技。
さらに新技で追い打ちをかけるもダブルKO状態。
ここからめんたいとユタカのスピーディーな展開。
めんたいの情熱大陸、ユタカの雪崩式フランケンシュタイナー。
息を吹き返した白波、ユタカにミサイルキックで援護射撃。
めんたいは、倒れたユタカにコーナーtoコーナーで長距離ミサイルキックとユタカに波状攻撃!
最後は必殺・めんたいスプラッシュでユタカを完全KO。


3. 現役高校生レスラー教育マッチ 「ルチャリブレ」篇
○磁雷矢(7分20秒 インフィエルニート)松雪真也×


現役高校生プロレスラー、松雪の教育マッチ。
今回の教官は、松雪が生まれた年にデビューしている大先輩、和製ルチャドールの先駆け…磁雷矢。
現在、ルチャスクールを開校し後進の指導にあたっている磁雷矢は、松雪に対しても、まさに教官と生徒のように手ほどき。
メキシコスタイルの独特なグランドテクニックをベースに、複雑なジャベでたたみかけ、なかなか松雪にペースを握らせない。

終盤、松雪はようやく自分らしく、ドロップキック、エルボー、得意のジャンピングニーパットを気迫十分に打ち込んでいくも、ラストは磁雷矢、腕をキメながら逆エビで固める独特のジャベ、インフィエルニートで松雪を仕留める。


4.博多 華味鳥杯 1DAYタッグトーナメント 準決勝
旭志織&若鷹ジェット信介○(12分47秒 体固め)筑前りょう太&田中純二×
※ムーンサルトプレス

ASC_3441_convert_20091209090359.jpg
大学時代の同期で、かつては学プロでタッグを組んでいたという旭とジェット。
お互いプロレスラーとなり、初めて当時のタッグチーム「VERSUS」を再結成。
学プロ時代の、揃いのTシャツ、テーマ曲で入場。
二人とも外敵とはいえ、地元福岡だけに声援を集める。
ジェットと旭は、両手でVERSUSの「V」サインを作り、「イエーイ!」と客席と一体となって盛り上がる。

対するは、同じく学プロ時代の先輩・筑前。
お互いに先輩をいやがり、譲り合う二人。
ジェットと筑前は、激しいチョップ合戦。
筑前、軽くジェットをチョップで吹っ飛ばすと、筑前までも「イエーイ!」と盛り上がる。
旭が闘いの輪に加わると、客席になだれ込み、筑前、純二をいたぶる。
旭とジェットは、ヒール的な攻撃を繰り返すも、持ち前の明るさから、逆に観客をも味方につける。
息ぴったりの学生時代の連携も見せ、筑前を追い込んでいく。
ラストは、リング上に孤立した純二に、旭の阿吽からの、ジェットの豪快なムーンサルトプレスで純二を仕留め、決勝進出を決める。

《相島勇人 乱入!》
ASC_2764_convert_20091209081947.jpg
優勝候補筆頭の筑前&純二がまさかの敗退で、場内騒然とするなか、颯爽とリングに駆け上がる男。
筑前をめった打ちに…。
ニット帽を取ると、なんとその男は相島勇人だった!
筑前をラリアットでKOし、純二や若手たちも蹴散らす。
ASC_2814_convert_20091209090136.jpg

「俺様が九州プロレスのリングに上がったぞ!
 どういうことかわかるか?
 筑前理事長!久しぶりだな!
 九州を元気にするとか言ってよ、なんだそのザマ!
 よそから来た若けえのに負けて恥ずかしくないのか?
 足下すくわれてるんじゃねえのか?
 純二!お前も一回引退したんだろ?
 わざわざ恥かくために再デビューしたのか?
 辞めときゃよかったな!そのまんま!

 おい筑前!お前んとこ面白くないからよ!
 来年さあ、ちびっとばかし時間つくってよ、
 お前んとこの教育マッチしてやっから!
 しっかりカード組んどけよ!
 お前は絶対俺には勝てねえからよ!」


会場からは大帰れコール。
相島には、中洲、ユタカ、ショーイチがつき、今後、行動を共にする模様。

怒りの筑前はマイクを手に…、

「相島!今のは九州プロレスへの参戦表明だな!
 次から九州プロレスに上がるんだろ?
 みなさん喜んでください!
 また新しい九州男児が闘いの輪に加わりました!
 絶対に相島、やっつけます!」



5.博多 華味鳥杯 1DAYタッグトーナメント 準決勝
×阿蘇山&博多ぶらぶら(9分23秒 逆さ押さえ込み)めんたい☆キッド&白波佑助○


九州プロレスナンバー1、2を争うパワーファイター阿蘇山&ぶらぶら組。めんたい&白波とは体格差は大人と子供。
先発はめんたいと阿蘇山。
組んでも、ぶつかっても、何をやっても阿蘇山に通用しない。
ならばとスピードで翻弄。
続いてぶらぶらと白波。ぶらぶらは一見コミカルだが、パワーでは全く太刀打ちできない。
会場からは、阿蘇山&ぶらぶらに「優しく~!」と声がかかるほど、すべての面において完全なワンサイドゲーム。
阿蘇山、白波に強烈すぎる高角度パワーボムからの万トーン、そして、ぶらぶらとのサンドイッチラリアット。
さらに二発目を狙ったところで、めんたいが白波を逃がし同士討ち。
阿蘇山の一瞬の隙に、スモールパッケージホールドを狙うも、阿蘇山、強引にひっこ抜きブレーンバスターへ…。
そこへめんたいがドロップキックでカット。
さらに阿蘇山、ラリアットを狙うが、一瞬の逆さ押さえ込みで、白波が阿蘇山からまさかの代金星!
めんたい&白波組が決勝進出を決め、会場のボルテージも最高潮へ!!
筑前&純二に引き続き、阿蘇山&ぶらぶらまでもが敗退する大番狂わせ。


6.博多 華味鳥杯 1DAYタッグトーナメント 優勝決定戦
○めんたい☆キッド&白波佑助(17分52秒 めんたい高角度前方回転エビ固め)旭志織&若鷹ジェット信介×

ASC_4409_convert_20091209090647.jpg
この日3試合目の夢色志士隊と2試合目のVERSUSが決勝で激突。
いきなり場外戦から試合はスタート。

試合序盤めんたいと白波がダブルで場外へのプランチャを狙うもかわされペースを握られる。
リングに戻り白波とジェットはバチバチと激しい攻防。
張り合うもジェットと旭の素早いタッチワークに着実にダメージを刻まれる。
やっとの思いで旭にドロップキックを決めるも今度はめんたいが捕まる展開に。
プロになり初めてタッグを組んだ二人が経験とコンビネーションを武器にめんたいを攻め立てる。
五分以上捕まる苦しい展開が続いたが、めんたいは二人同時にハンドスプリングエルボーで反撃。
ここから試合は両者の意地のぶつかり合いに。

経験で勝る二人に白波は無骨に応戦。ジェットをブレーンバスターで投げきりボディプレスを決めめんたいへ。
流れが傾きかけるもジェットがミドルキック三連打。
続く旭にめんたいはエルボーで反撃を試みるも旭は絶妙なインサイドワークでダメージを与えペースを引き戻す。
旭はめんたいに卍固め。そのままグランドに引きずり込みギブアップを迫るもめんたいはエスケープ。
なおも攻めようとする旭をめんたいは強引に持ち上げカミカゼ。さらにコーナーからのダイビングフットスタンプ。

続いた白波が旭とエルボーの撃ち合いも白波が制し是空から不二才へいくもジェットがカット。
なおもエルボーを打ち込みエクスプロイダーで投げきるも旭は間髪入れずに阿吽を決め両者ダウン。
代わって入っためんたいとジェット。ドロップキックで先手を取ると執拗に13発のナックル。
VERSUSは合体のフェイスバスターを決めさらにジェットがコーナーからボディアタック。
さらに旭の延髄切り、ジェットの張り手一閃。ここは白波がカット。
カットに入った白波にもナックルを見舞うが逆に白波はジェットに張り手を連発。
ふらついたところにめんたいがリバースフランケンシュタイナー。
さらにコーナーtoコーナーを決めコーナーに立ちファイヤーバードの体勢にはいるも旭がめんたいの脚をとらえて放さない。
旭を振り切りめんたい☆スプラッシュを狙うも自爆。旭の阿吽のアシストを受けジェットがムーンサルト。
勝負あったかに見えたが白波がカット。ジェットは攻めの手を緩めずさらにジャーマンスープレックス。めんたいは意地のカウント2。

とどめをささんとロープに走ったジェットのブラインドをつきめんたいは高角度回転エビ固め。
これががっちりと決まり珠玉の3カウント。両者一歩も譲らない戦いに終止符が打たれた。
ASC_4440_convert_20091209090827.jpg
  1. 2009/12/09(水) 09:19:20|
  2. 試合結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。