【九州プロレス】公式ニュースBLOG

九州発信!【NPO法人 九州プロレス】の最新情報をお知らせします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

10月13日九州プロレス・トリアス大会試合結果(写真追加)

九州プロレス体育の日スペシャル
10月13日(月祝)
トリアスドーム(福岡県久山町)



〈第一部/13時~〉
観衆350人(超満員札止め)


第1試合・15分1本勝負
×桜島(6分8秒<片エビ固め)○台風15号
※ダイビングヘッドバット


雲仙大会以来の試合となる桜島の相手は、宿敵、台風。
試合開始とともに場外でラフファイトで暴れる台風は、リング内に戻っても反則で桜島を痛めつける。

桜島は得意のつっぱり攻撃からラリアットで形勢逆転するが、台風は傘を使っての川津掛け、そしてダイビングヘッドバットで勝利。桜島のリベンジはならなかった。



第2試合・30分1本勝負
○筑前りょう太&磁雷矢&めんたい☆キッド(17分2秒、エビ固め)阿蘇山&田中純二&×白波佑助
※とぶばい



メキシコ修行経験組と九州育ち組による6人タッグ。

白波と磁雷矢、純二とめんたいがすばやい攻防を見せると、筑前と阿蘇山がド迫力のぶつかりあいを見せる。



中盤に捕まってしまっためんたいを阿蘇山は担ぎ上げると、空中で何度ももちかえてのバーディクト。
めんたいはスプリングエルボーで逆転すると、磁雷矢を呼び込み、ダブルで阿蘇山を投げようとするが、逆に阿蘇山が二人まとめてブレンバスター。

純二が腕ひしぎで筑前を仕留めにかかるが、割って入った磁雷矢が純二にジャベの連続攻撃。
白波にめんたいがダイビングフットスタンプ、さらに筑前が強烈なパワーボム。それでも粘る白波だったが、ラストは筑前がとぶばいで勝利を飾った。




〈第二部/15時~〉
観衆320人(超満員)

トリアス杯ロイヤルランブル(8人参加)
○田中純二(23分29秒、エビ固め)×めんたい☆キッド
※箱崎浜。

◇入場順
1.白波佑助、2.めんたい☆キッド、3.桜島、4.台風15号、5.磁雷矢、6.筑前りょう太、7.阿蘇山、8.田中純二

◇退場順
1.桜島、2.磁雷矢、3.筑前、4.阿蘇山、5.台風、6.白波、7.めんたい


まず登場した白波と2番目のめんたいの攻防中に、続いて現れたのは桜島。桜島と白波は薩摩同士で結託してめんたいを攻めるが、次に台風が来るとめんたいとともに3人で集中攻撃。

磁雷矢が入って来るや、4人で災害撃退と太鼓の乱れうち。
次に筑前がくると一気に全員で攻撃するが、筑前は全員をなぎ倒す。
7番目に出現したのは阿蘇山。地団駄を踏むとリングが大きく揺れ、全員よろける。

最後に純二がリングインし、全員を殴り倒すが阿蘇山は純二の締め込みをつかんで持ち上げて食い込ませる。さらに阿蘇山が純二に股裂き、もう一方の足を筑前が持ち大開脚。磁雷矢が手をつかみ隠せない状況になり、純二に精神的なダメージを与える。
続いて標的となったのは新人の白波。全員からボディスラムの洗礼をあび、レフェリーのケニーまで参加。が、ケニーは「調子に乗るな!」と全員に踏まれる。
数珠つなぎヘッドロック、全員が頭をぶつけてのダウンと楽しいムーブの後は、筑前が桜島にラリアット、阿蘇山が万トーン、そこを全員で押さえ込んで桜島が最初に脱落。
場外に放り出されためんたいはセカンドロープからでセーフ。しかし磁雷矢は何を思ったか、そこにトップロープ越えのプランチャを敢行し、自滅失格。

リング内では阿蘇山が筑前にエビ固め。このチャンスに全員で押さえ込み筑前を敗退に追いやると、さらにそのままひっくり返して阿蘇山も失格に。

台風が白波にジャイアントスイングを決めるが、目が回ってしまい、めんたいと純二に捕えられ、その上に白波が乗る九州ピラミッドにギブアップ。

残るはめんたい、白波、純二。めんたいと白波は結託して純二に見事な同時ドロップキックをブチ込むも、白波はめんたいと純二が組み合っているところに突っ込み、そのまま場外へいき失格。

ここで勝負の行方はめんたいと純二の争いに。めんたいは場外に落とされそうなところをロープを逆上がりしてリングイン。純二のバックドロップを食らっても粘ったが、ラストは純二の箱崎浜(ジャックハマー)がズバリと決まって純二が勝利を挙げた。



多数のご観戦、ありがとうございました!

  1. 2008/10/16(木) 09:50:20|
  2. 試合結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。