【九州プロレス】公式ニュースBLOG

九州発信!【NPO法人 九州プロレス】の最新情報をお知らせします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

9/27 西鉄ホール大会試合結果


2011年9月27日
九州プロレス「天神ば元気にするバイ!11」
福岡市天神・西鉄ホール
観衆406名(超満員)




1.一番山悪魔退治

×田中純二( 9分59秒 エビ固め)ディアブロ○

※ディアブロドライバー


IMG_3842_convert_20111005112800.jpg

IMG_3853_convert_20111005112839.jpg

IMG_3873_convert_20111005113045.jpg



九州プロレスvs九州討伐団、全面戦争において、

大将・筑前の首を獲ったディアブロ成敗に、

田中純二が名乗りを上げる…。

ディアブロは、負傷欠場中の相島を伴い入場。

相島との二人がかり、さらにはチェーンで純二をいたぶり、

完全に九州討伐団ペースで試合は進む。

純二も、腕折り、脇固め、飛びつき腕十字と、

ディアブロの左腕一点攻撃で形勢逆転。

オイサ!オイサ!とディアブロを担ぎ上げ

ブロックバスター、さらにダイビングヘッドバットと

畳みかけるが、相島の介入により勝負つかず。

そこから、さらに相島との連携で、

再び形勢逆転。

ディアブロ、悪魔首折り弾、

さらに、強烈なディアブロドライバーで

純二をKO。

相島の介入やチェーンを使用したとはいえ、

田中純二までをも仕留め、まさに九州を討伐した。





2.山と林檎の小さな恋の物語

×阿蘇山&アップルみゆき

(13分21秒 逆さ押さえ込み)台風15号&旭志織○


IMG_3889_convert_20111005112943.jpg

IMG_3931_convert_20111005113137.jpg

IMG_4035_convert_20111005113214.jpg



阿蘇山、3月大会でアップルに敗れて以来、

どうやら彼女に恋心を…

その気持ちを確かめるために、今回、タッグ結成を申し込む。

そんな阿蘇山の恋路を邪魔するのは、旭を従えた台風15号。

最近、息が合ってきた台風&旭に対して、

ちぐはぐな阿蘇山、アップル組。

アップルが捕まり、阿蘇山の救出が空回りするという、

最悪の展開に…。

アップルは阿蘇山に、

「ちゃんと助けてよ!」

「邪魔すんな!下がっとけ、バカ!」などと

阿蘇山とのタッグにストレスを。

アップル、旭を羽交い締め、

そこへ阿蘇山、ラリアットにいくも、かわす旭。

阿蘇山、相打ちギリギリでブレーキ。

今度は、阿蘇山が旭を羽交い締め、

飛び込むアップル。

そこで、阿蘇山、遂に暴走。

自ら羽交い締めと解き、アップルに抱きついてしまう。

怒ったアップル、阿蘇山に強烈なビンタ。

その隙に、旭の逆さ押さえ込みでスリーカウント。



阿蘇山のアップルへの恋は、

自らの暴走で終止符が打たれた。




3.筋肉戦国絵巻~天神の乱~

筑前りょう太&×クルメンひろせ(15分51秒 刀狩り)秀吉○&政宗


IMG_4052_convert_20111005113256.jpg

IMG_4106_convert_20111005113341.jpg

IMG_4169_convert_20111005113458.jpg

IMG_4270_convert_20111005113550.jpg



九州プロレスvs大阪プロレス対抗戦。

秀吉は政宗を伴い、戦国タッグとしては、九州プロレス初上陸。

秀吉、政宗共に、筑前とは長年に渡る因縁のある関係。

遂に、九州プロレスのリングで運命の再会!

試合は、4選手共に、気合い入りまくりの異常なテンション。

筑前と秀吉は、ヘビー級同士の超肉弾戦。

スピード&テクニックのクルメンと政宗は、

難易度の高いノンストップの攻防。

特に、お互いがライバル心剥き出しの筑前と秀吉。

これでもかと言うほどのチョップ合戦、ラリアット合戦は、

互いに一歩も引かず、壮絶を極める。

秀吉、場外の筑前に超弩級のトペを敢行。

そこへクルメンがトペコン。

政宗が、筑前とクルメンにまとめてトルニージョと

めまぐるしい空中戦も。

政宗、クルメンへ、

ニークラッシャーからドラゴンスクリュー、

さらに骨喰と勝負をかけるも筑前がカット。

クルメン、変わった秀吉に

ハイスピードのマヒストラル、

超高角度ウラカンラナを決めるもカウント2。

秀吉、ラリアットで形勢逆転。

強烈な落城を決めるが、意地でも跳ね返すクルメン。

最後は、こだわりの博多一本絞め、

いや、伝家の宝刀「刀狩り」で

粘るクルメンからタップを奪った。



秀吉、筑前との熱い闘いに感情が爆発し、

マイクを握る…。

「秀吉は大阪プロレス所属だが、

 秀吉の中の人間は、最強の九州男児たい!」


秀吉のアピールに筑前も呼応。

「俺こそ、最強の九州男児たい!」


そこで、相島とディアブロが登場。

秀吉に、

「マスクの兄ちゃん!どっかで会ったことねーか?

 お前は九州捨てて、大阪に逃げたんじゃねーか!

 俺たち差し置いて、何が九州最強だよ!!」


「最強の九州男児」という呼びかけに、

阿蘇山と純二もリングイン。


筑前

「九州で誰が最強か、

 最強の九州男児ば決めようじゃねえか!」


筑前、秀吉、相島、

九州最強の座を狙って次々と名乗りを上げる

九州男児たち…。

最強の九州男児とは???

九州プロレスの今後の動向に注目!!






4.九州×沖縄プロレスサミットⅢ

○めんたい☆キッド(13分58秒 片エビ固め)グルクン・ダイバー×

※めんたいスプラッシュ


IMG_4340_convert_20111005113627.jpg

IMG_4464_convert_20111005113725.jpg

IMG_4484_convert_20111005113809.jpg

IMG_4504_convert_20111005113842.jpg



3度目となる「九州×沖縄プロレスサミット」。

ハブ男、めんそ~れ親父に続き、今回は

グルクン・ダイバーが九州初上陸!

迎え討つめんたい☆キッドは、

味の明太子ふくや杯と銘打たれたこの試合に、

「真のめんたい」となるために気合い十分!

ファンと一体となった、コール合戦からスタート。

グルクンもアウェーながら、九州のファンから歓迎ムード。


試合は、互いの技を読みあい、

互いに決定打を与えない互角の攻防。

めんたいの腕に標的をしぼり、

腕折り、アームロック、腕へのギロチンからの脇固めと

グルクン、えげつない攻撃。

さらに、得意の打撃ラッシュ、

張り手、ミドルキック、その場飛びムーンサルト、

チキンウイングアームロックと畳みかける。

めんたいも九州の意地を見せ、

グルクンのミドルキックにパンチで対抗。

キックとパンチの応酬にお互い一歩も引かず。

グルクン、とどめとばかりに強烈なハイキックからの

グルクンドライバーも、めんたいキックアウト。

めんたいはジャーマンをくらいながらも

さらにジャーマンで返すなど意地を見せる。

めんたい、コーナーtoコーナーの

ミサイルキックを浴びせ、さらに前宙キック、

さすがにダウンのグルクンダイバーに、

完璧なめんたいスプラッシュを決めカウント3。



試合後は、ノーサイド。

お互いに健闘をたたえ合う二人。

勝利者賞の明太子をファンのみんなにプレゼント。

さらに、グルクンの誕生日までも祝い

笑顔のハッピーエンド。

グルクンも交え、

「天神ば元気にするバイ!」で幕を下ろした。


スポンサーサイト
  1. 2011/09/28(水) 02:37:49|
  2. 試合結果

※試合写真UPしました。 7/3 西鉄ホール大会試合結果

九州プロレス旗揚げ3周年記念大会
「筋肉山笠`11」
2010年7月3日(日)
福岡市・西鉄ホール
観衆464名(超満員札止め)




〈オープニングアクト〉
“九州ば元気にするアイドルグループ”「LinQ」が登場!

IMG_0535_convert_20110713131257.jpg



〈九州プロレス×九州討伐団4vs4シングル全面戦争〉

IMG_0568_convert_20110713104920.jpg

 ~公開抽選~
九州プロレスと九州討伐団、
遺恨が増した両軍の全面対決-シングル四番勝負-が実現!
公開抽選が綱引き形式で行われた。

九州プロレス選抜メンバーは筑前、めんたい、
そして、遂に正規軍入りを果たした台風、
さらに、台風と共闘するKAIENTAI-DOJOの旭志織が
助っ人に加わった。
対する、九州討伐団は、
相島、ディアブロ、黒影の3名で登場!
そして、助っ人Xを呼び込む討伐団。
その正体は、九州プロレスからの
「東北ば元気にするバイ!」応援フラッグに対する
お礼参りとして、みちのくプロレス九龍から、
野橋太郎が登場!
両軍、それぞれが綱を引いて組み合わせ抽選。
その結果、旭vs黒影、台風vs相島、めんたいvs野橋、
筑前vsディアブロに決定した。


1.筋肉追い山ならし 20分1本勝負

○田中純二(5分43秒 箱崎浜からの片エビ固め)クルメンひろせ×


IMG_0581_convert_20110713105300.jpg

筋肉山笠11のオープニングマッチは、
山笠男、田中純二がクルメンとの一騎打ち。
クルメンは序盤からスピーディーな攻撃で純二を翻弄。
純二はクルメンのスピードを封じるため左足に集中攻撃。
クルメンは左足を引きづりながらも、
ミサイルキック、619など得意のクルメンムーブ。
さらに、マヒストラル、ウラカンラナなど
様々な丸め込みを連発し3カウントを狙うも、
純二はパワーボムで切り返し、バックドロップと畳み掛け。
必殺、箱崎浜できっちり3カウントを奪い、
筋肉山笠のオープニング、筋肉追い山ならしを飾った。


2.日×米大怪獣バトル 
チョコレートショップ超限定商品
チョコレートチョップ争奪タッグマッチ 30分1本勝負 

○阿蘇山 & 若鷹ジェット信介
(11分12秒 万トーンからの片エビ固め)クラッチ×&オックス
バーキン・スパイダース


IMG_0630_convert_20110713105454.jpg

昨年の筋肉山笠で九州初上陸したクロクモ・クラッチ。
九州プロレスに復讐するため、
今回は、本来のパートナー、オックスを引き連れ、
バーキン・スパイダーズとして再来日。
九州一のパワーファイター阿蘇山のタックルにも
びくともしない初来日のオックス。
日×米大怪獣バトルと銘打たれている通り、
まさにド迫力の大怪獣バトル。
ジェットも、大型外人コンビの迎撃に大ハッスル。
クラッチにはコーナーでのパンチの雨あられ、
オックスに強烈な張り手のラッシュ。
阿蘇山、パワーではオックスに太刀打ちできないと
ミサイルキックや、トップロープからのチョコレートチョップなど
飛び技で対抗。
最後はクラッチを捕獲し、強烈なパイルドライバーからの、
万トーンで完全KO!
巨大な黒船から、無事、九州を守り抜いた。
試合後、阿蘇山&ジェットには、
チョコレートショップから勝利者賞として、
巨大なケーキ「チョコレートチョップ」が贈られた。

IMG_0708_convert_20110713105543.jpg

3.筋肉山笠~九州プロレス×九州討伐団4vs4シングル全面戦争~

○旭 志織(5分18秒 反則)黒影×
※毒霧


IMG_0763_convert_20110713105649.jpg

九州プロレス×九州討伐団4vs4シングル全面戦争
初戦は、助っ人参戦の旭と黒影の一騎打ち。
九州討伐団が全勝すれば、相島理事長就任という条件を飲ませた討伐団。
初戦から気合い入りまくりの黒影の奇襲からスタート。
場外戦では、鉄パイプを持ち出すも、
ケニー中村レフェリーに厳しく制止される。
リングに戻ると、パンチのラッシュ、串刺しラリアット、
Wアームと畳み掛け。
ニールキックで起死回生の旭は、子牛の焼き印押し。
さらに卍固めで締め上げる。
しかし、指に噛み付き逃れる黒影。
怒りの旭、阿吽から場外に逃れた黒影にプランチャ。
とどめとばかりにコーナーにのぼった旭に、
黒影、強烈な毒霧を大噴射!
厳格なレフェリングが信条のケニー中村レフェリー、
即座に反則裁定で試合をストップした。 


4.筋肉山笠~九州プロレス×九州討伐団4vs4シングル全面戦争~

×台風7号(8分3秒 片足フォール)相島勇人○
※垂直落下式ブレーンバスター


IMG_0807_convert_20110713105736.jpg

昨年12月から続く、台風と相島の因縁抗争。
遂に一騎打ちが実現!
しかし、相島はノア参戦で負傷した右腕を
ギプスで固定した満身創痍の姿。
台風はチャンスとばかりに相島の負傷箇所を冷酷に集中攻撃。
相島、片腕での試合を強いられる。
台風、一気に勝負をかけ、全身全霊のアームバー。
相島、噛み付きでなんとか脱出。
それでも諦めない台風は、渾身の台風クレイドル。
さらに台風ラナでフォールを狙うもカウント2。
台風の勝利への執念に焦りの色の相島、
負傷している右腕でラリアット2連発。
さらに垂直落下式ブレーンバスターで台風を完全KO。


5.筋肉山笠~九州プロレス×九州討伐団4vs4シングル全面戦争~

×めんたい☆キッド(7分10秒 逆打ち)野橋太郎○


IMG_0878_convert_20110713105811.jpg

九州プロレスvs九州討伐団。ここまでで1勝1敗のイーブン。
九州討伐団の「X」は、みちのくプロレスからのお礼参り、
九龍の野橋太郎。
実は、めんたいと野橋は、メキシコ闘龍門修業時代を
共に過ごた関係だと、試合前のめんたいのコメントで明らかになる。
手の内を知り尽くした両者、
序盤から、超ハイスピードな攻防。
小さいめんたいよりも、さらに小さい野橋。
しかし、体型から想像できないような重たすぎる攻撃に観客騒然。
お互い水を得た魚のように動きまくる激しい試合に。
フィニッシュを狙うめんたい。
野橋のバックを取るも、強烈な急所蹴りの餌食に。
さらに、レフェリーの一瞬の隙を見て、強烈すぎる一斗缶攻撃。
意識朦朧のめんたいに逆打ちで完璧な3カウントを奪う。
この結果で九州討伐団の2勝1敗。


6.筋肉山笠~九州プロレス×九州討伐団4vs4シングル全面戦争~

×筑前りょう太(7分4秒 片エビ固め)ディアブロ○
※悪魔首折り弾


IMG_0945_convert_20110713105849.jpg

4vs4シングル全面戦争のトリは筑前とディアブロ。
筑前にとって、ディアブロとの一騎打ちは
博多ぶらぶらの裏切りから、待ちに待った完全決着のチャンス。
ディアブロは筑前に握手を求め、クリーンに試合スタート。
気合い入りまくりの両者、正々堂々と力と力の攻防。
しかし、やはりディアブロはディアブロ。
筑前のコーナー倒立からの攻撃を、
膝を立て急所打ちで迎撃し、本領発揮。
怒りの筑前、強烈なチョップに、ハイアングルパワーボム、
渾身のスピアーから、とどめのとぶばいもキックアウト。
ならばとボディプレスで3カウントを狙う筑前。
しかし、カウントを取るレフェリーの足を
黒影が場外へ引っ張り下ろす暴挙。
レフェリー不在の中、九州討伐団全員による集団公開処刑。
フラフラの筑前に、悪魔首折り弾withチェーン。
さらに追い打ちとばかりに、悪魔首折り弾2発を叩き込まれ、
筑前、九州プロレス旗揚げ以来、
シングルマッチで初の3カウントを聞く最悪の結末に。
さらに好き放題、暴れまくる九州討伐団。
ディアブロ、筑前をチェーン絞首刑。
筑前最大のピンチに、颯爽と救出に飛び込んで来たのは、
輝くイエローのマスクの男。
なんと、大阪プロレスのビリーケン・キッドだった!!!
九州討伐団を蹴散らすビリー。
筑前は、九州討伐団の反則ばかりの勝ち越しに納得できず
「まとめてぶっ潰してやるよ!」と、
急遽、ビリーを助っ人に8人タッグへ。


7.ボーナストラック 8人タッグマッチ

○筑前りょう太 & ビリーケン・キッド & めんたい☆キッド & 台風7号
(7分51秒 片エビ固め)相島勇人 & ディアブロ× & 黒影 & 野橋太郎
※真っすぐ飛ぶバイ!


IMG_1089_convert_20110713105929.jpg

ビリーケン・キッドが九州プロレス軍に入るかたちで
急遽、8人タッグの総力戦へ。
試合は、両軍入り乱れての大乱戦。
ビリー、七面六臂の大活躍。
鉄柱超えのトペコンでディアブロを空爆。
追い打ちの台風トペ。さらに筑前の大型トペコン、
ラストはめんたいの鉄柱からのケブラータと空中弾4連発!
リングに戻ったディアブロに、
九州プロレス軍の怒濤の波状攻撃!
ビリーのミサイルキック、台風DDT、
めんたいのめんたいスプラッシュ、
さらに、筑前のがつんといくばい!
そしてとどめの真っすぐ飛ぶバイ!でディアブロを完全KO。

怒りの相島
「おい!黄色いパンツ!お前は誰だ?バカヤロー!」
ビリー「みんなに聞いてみろー!」
会場から大きな「ビリーケン・キッド」の声!
シングル対抗戦で勝ち越したにもかかわらず
総力戦での敗戦に納得できない相島は、
さらに、九州プロレスへ新たな提言を。
相島「誰がこのリングで一番強いのか、決めようじゃねえか!
筑前、次はきっちりサシで勝負しよう。多分、俺が優勝するからよ。
決勝戦は討伐団しか残んねえからな。」
筑前「たまにはいいこと言うやんけ、相島勇人。
一番の九州男児、決めようや!」
この二人のやりとりで、
「九州で一番強い男」を決めるという機運が
一気に高まる。
筑前「そして今日、大阪で一番になりたい男が
 ここにやって来てくれた!ビリーケンキッド!
なんで来るんやお前…。
せっかく昨日、俺が貸しを作ったとこやったのに。」
(前日、大阪で行われた大阪プロレスの大会に筑前が乱入し、ビリーを救出。)
ビリーケン・キッド「ははは、借りは返したぞ。」
筑前「ビリーも大阪で一番になるために、九州に来ました。
いっとき、一緒に練習をして、また大阪に戻ってチャンピオンになる!
彼はそういうつもりです!応援してください!」

そして3周年記念大会のラストは会場の子供達をリングに上げて、
筑前、めんたい、ビリーケン・キッド、台風の4人
「九州ば元気にするバイ!」5連発で大会を締めくくった。

IMG_1125_convert_20110713110042.jpg
  1. 2011/07/13(水) 11:10:55|
  2. 試合結果

7/2「ボートレース福岡・九州プロレス杯」大会試合結果

「ボートレース福岡・九州プロレス杯」
2011年7月2日(土)
ボートレース福岡芝生広場
観衆:イベント試合の為未発表




1.九州プロレス杯スペシャルマッチ 10分1本勝負
○筑前りょう太&めんたい☆キッド(8分9秒、片エビ固め)バーキン・スパイダーズ(×クラッチ&オックス)
※まっすぐとぶばい

2.九州プロレス杯スペシャルマッチ 10分1本勝負
○阿蘇山(6分44秒、体固め)×田中純二
※万トーン
 

  1. 2011/07/02(土) 19:04:50|
  2. 試合結果

九州プロレス 1/30 スカラエスパシオ大会試合結果

「バトルエスパシオ」
2011年1月30日(日)福岡市・スカラエスパシオ
観衆260人(超満員)



1. BATTLE1 20分1本勝負
×クルメンひろせ(10分56秒 片エビ固め)ショーイチ○
※ダイビングヘッドバッド


九州プロレス軽量級の期待の星・クルメンひろせと、
久しぶりの参戦のショーイチ、初の一騎打ち。
クルメンのスピーディな攻撃を、
いつもに増してシビアに迎撃するショーイチ。
最後は、クルメンの波状攻撃をレフェリーを使ってブロック。
その隙に、強烈な急所打ちからツームストンパイルドライバー、
ダイビングヘッドバッドで畳みかけクルメンを仕留め存在感を示した。

隨ャ1隧ヲ+1_convert_20110131132423

隨ャ1隧ヲ+2_convert_20110131132631



2. BATTLE2 30分1本勝負
×田中純二(15分47秒 高角度前方回転エビ固め)台風1号○
※台風クレイドルから


昨年末のタッグトーナメントで、リングアウト勝ちながら
相島を撃破し、人気上昇中の台風。
そんな勢いのある台風退治に名乗りを上げたのは、
久々のリングに気合い十分の田中純二。
じっくりレスリングで勝負する純二に、真っ向勝負の台風。
戦前の予想を覆すような意外な頑張りに、
次第に、純二への声援が、台風へという逆転現象も。
純二からの勝利にこだわる台風、ようやく本領発揮。
純二を会場外に連れ出し、会場のぼりに純二をロープでくくりつけ、
相島戦同様、リングアウト勝ちを狙いにいくも失敗。
逆に純二の怒りに火をつけてしまう。
純二、台風にとどめと大技を畳みかけるもすべてキックアウト。
台風、ハイテンションのヒップアタックを連発し、
得意の台風(ローリング)クレイドルで、純二を10回転。
フラフラになる純二に勝負と見た台風は、
肩に飛び乗り高角度前方回転エビ固めで、まさかまさかの3カウント。
九州プロレスの鬼教官から、大金星の勝利を奪う大どんでん返し。

隨ャ2隧ヲ+1_convert_20110131132853

隨ャ2隧ヲ+2_convert_20110131132951

隨ャ2隧ヲ+3_convert_20110131133031



3.BATTLE3 タッグマッチ45分1本勝負
阿蘇山&桜島× (15分57秒 体固め)相島勇人&ディアブロ○
※悪魔首折り弾


昨年末にデビューしたばかりの2代目・桜島。
再び、師匠・阿蘇山と組み、ディアブロにリベンジ戦。
相島を含め、大型選手4人によるド迫力の肉弾戦となる。
桜島、体格ではひけをとらないが、いかんせん経験不足で、
百戦錬磨の相島&ディアブロの牙城はなかなか崩せず。
そんな弟子のふがいなさにいらつきながらも、
相島&ディアブロを蹴散らす阿蘇山。
ペースを取り戻し桜島につないでも、スタミナ不足から、
逆にえげつないかわいがりを受けてしまう。
最後は、ディアブロの悪魔首折り弾二連発でKO。


暴れ足りない、相島&ディアブロは、チェーンを持ち出し
さらに桜島を痛めつける。
そこへ救出に登場したのは、まさかまさかに台風1号!
相島と因縁浅からぬ台風、何度、返り討ちにあっても、
無謀にも果敢に相島に向かっていく。


怒りの相島は
「俺たちがここに来て、影が薄くなったから、
 こいつら妖怪(阿蘇山&桜島)と組むのか?」と台風を罵倒。
これまで、独自の世界でルードを貫いてきた台風、まさかの正統派転向か?
阿蘇山、桜島と合体し、相島を標的にしていくのか?
その動向に注目!2011年、九州プロレスの台風の目となれるのか???

隨ャ3隧ヲ+1_convert_20110131133436

隨ャ3隧ヲ+2_convert_20110131133511

隨ャ3隧ヲ+3_convert_20110131133545



4.MAIN BATTLE 60分1本勝負
○筑前りょう太(21分14秒 かつぐばい)めんたい☆キッド×


昨年暮れのタッグトーナメント決勝で、
めんたいに3カウントを奪われ、九州プロレス初黒星の筑前。
「まだまだエースは譲れない」と、
めんたいとの一騎打ちを要求し、実現したカード。
めんたいは、胸にラメで九州プロレスのロゴをあしらい、
新時代のエースへのなみなみならぬ思いを込め試合に挑む。


体格差のある筑前を相手に、スピードと空中戦で、
自分が持つ技を惜しみなくぶつけていくめんたい。
そんなめんたいを力でねじ伏せる筑前。
九州プロレスエースの座をかけた、意地と意地のぶつかり合い。
最後は、とどめとばかりに「最高級めんたいスプラッシュ」を放つめんたい。
しかし、目測を誤り失敗。それでも諦めないめんたいは再チャレンジ!
今度は成功するが、腰を痛めフォールにいけず。
それを見逃さなかった筑前は、得意の「かつぐばい」で強烈に絞り上げ、
めんたい、無念のギブアップ。
九州プロレス、エースの座は筑前が死守した。


※筑前のマイク
「めんたい!ありがとう!
 あんたからひとつ教えてもろた!
 負けてもいいっちゃん!失敗してもいいっちゃん!
 それでも前に進む気持ちが大事だよな!
 失敗しても、また練習して出直せばいいやんか!
 今日のチャレンジがうまくいかんかった!だけんなんや!
 お前の人生、今日からも続くやんか!
 お前がまた挑戦してくることば俺は待っとるばい!」


※めんたいのマイク
「あなたに勝つまでは、プロレスを続けるし、
 絶対、あきらめないです!」

隨ャ4隧ヲ+1_convert_20110131133820

隨ャ4隧ヲ+2_convert_20110131133857

隨ャ4隧ヲ+3_convert_20110131133929



  1. 2011/01/31(月) 13:42:05|
  2. 試合結果

めんたい☆キッド、KAIENTAI-DOJO熊本大会参戦結果

KAIENTAI-DOJO
CLUB-K TOUR in KUMAMOTO

【第三試合 6人タッグマッチ 30分一本勝負】
○マリーンズマスク&梶トマト&めんたい☆キッド vs 稲松三郎&バンビ●&若鷹ジェット信介
(12分52秒 ラ・マヒストラル)


  1. 2010/12/14(火) 16:46:33|
  2. 試合結果

筑前りょう太、めんたい☆キッド、KAIENTAI-DOJO博多大会参戦結果

KAIENTAI-DOJO
天下三分の計・博多大会

【第三試合 6人タッグマッチ 30分一本勝負】
○TAKAみちのく&筑前りょう太&佐藤悠己 vs 火野裕士&マリーンズマスク●&めんたい☆キッド
(16分19秒 みちのくドライバー2→エビ固め)


  1. 2010/12/14(火) 16:41:58|
  2. 試合結果

九州プロレス12/5 西鉄ホール大会試合結果(※詳細UP)

九州プロレス「筋肉せいもん払い'10」
2010年12月5日(日)福岡市・西鉄ホール
観衆464人(超満員札止め)


1.博多 華味鳥杯 1DAYタッグトーナメント2010 一回戦
阿蘇山&×2代目桜島(7分13秒 スモールパッケージホールド)ディアブロ&○黒影

今年はやらんといかんバイ!とトーナメントにかける
阿蘇山&田中純二だったが、高校教師でもある純二の学校行事による欠場で、
急遽、阿蘇山の新弟子…二代目.桜島がデビュー。
二代目は阿蘇山よりも標高が高く、新.山師弟コンビの登場にどよめく場内。
対するは、チーム名を「九州討伐団」と改めたディアブロ&黒影。
因縁の阿蘇山とディアブロは、お互いに一歩も引かない互角のぶつかりあい。
変わった桜島は、力任せの桜島アタック、ニーパット、ブレーンバスターと
大型選手ならではの豪快な攻め。
しかし、スタミナが続かず、ディアブロ&黒影の場外や凶器をフルに使った
悪の連携に長時間、捕まる。
なかなか逆襲に転じることができない桜島に師匠の怒りが爆発。
変わった阿蘇山は、ちぎっては投げ、ちぎっては投げの大暴れで、
再び桜島につなぐも、黒影のバッグドロップからの首固め3カウント。
阿蘇山&桜島の新.山師弟コンビ、一回戦突破はかなわなかったが、
ビッグスケールの新チーム誕生に、今後、大いに期待!


2.博多 華味鳥杯 1DAYタッグトーナメント2010 一回戦
○台風21号&台風22号(5分17秒 リングアウト勝ち)×相島勇人&中洲ヨースケ

優勝候補の一角、相島と中洲のアイアンバイオレンス。
対するは、プレ旗揚げから一貫してタッグにこだわる暴風波浪警報コンビ。
しかし、相島と台風のパワーの差は歴然。
相島は相手が台風でも一切手を抜かず、
危険な角度でのバックドロップと垂直落下式ブレーンバスターで21号を秒殺。
完全にグロッキー状態でピクリとも動かない21号。
その後、相島&中洲は、22号に場外でバッド攻撃。
さらに客席上まで連れ回し、ブレーンバスター、DDT、ラリアットと畳みかけ
22号までも場外で完全KO。
場外カウントが進み、慌ててリングに戻る相島。
しかし、ここでまさかのハプニング。
階段を駆け下りる相島、階段に転がった中洲のバットをうっかり踏んでしまい、
階段から転がり落ちるアクシデント、足を負傷しリングに生還できない相島。
ありえない20カウントを聞いた。
リング上には大の字になった21号の姿。
その結果、台風組がリングアウト勝ちの大金星を納め波乱の一回戦となった。
怒りの相島&中洲…、大ブーイングと失笑の中、まさかまさかの初戦敗退。


3.博多 華味鳥杯 1DAYタッグトーナメント2010 準決勝
○筑前りょう太&TAKAみちのく(7分49秒 片エビ固め)ディアブロ&×黒影

※スピアーから

九州と千葉の二大巨頭が手を組んだ、優勝候補筆頭コンビ、
「九州房総サミット」筑前&TAKA。
かつて二人でタッグ王座にも就いたチームであるが、
試合前のコメントでは、かみ合わない二人。
TAKAは「ガッチリ手を組みさえすれば最強!敵にまわせば…」と不穏な発言。
対するは、新.山師弟コンビを撃破した九州討伐団。
いきなり場外乱戦からスタート。悪の連携にTAKAがつかまる展開。
筑前&TAKA、逆襲に転じるも、息が合わず、誤爆が続く。
タッグとしてのチームワークは完全に、ディアブロ&黒影に及ばず。
しかし、個々の力では上回る筑前とTAKA、黒影に標的をしぼり、
ラストは力技で圧倒し、筑前の強烈のスピアーで黒影から3カウント。
この結果、九州討伐団はトーナメント全滅。
セコンドの相島&中洲は納得できず、リングにあがる。
そして、まさかのTAKAを呼び込み、ディアブロとがっちり握手…、
と、みせかけてTAKA、ディアブロにサミング。
優勝宣言をして、相島らを蹴散らした。


4.博多 華味鳥杯 1DAYタッグトーナメント2010 準決勝
めんたい☆キッド&○旭志織(5分56秒 片エビ固め)×台風21号&台風22号
※阿吽から


9月大会でめんたいと一騎打ちした旭。
試合後、めんたいに「九州プロレスのエースになれ!
筑前を倒せ!その時は手助けするから。」とエールを送った旭。
さっそくこのタッグリーグで筑前を倒すべくタッグ初結成!
対するは、相島からまさかの大金星を奪った台風組。
明らかに勢力を激減させて入場。
元気いっぱいのハンサムボーイズ対策は、
一回戦の勝利で味をしめた「リングアウト作戦」。
めんたいのマスクの紐、旭のリストバンドの紐を、
会場出入り口のドアに結びつけ、リングアウトを狙う台風だが、
旭、カウント19でかろうじてリングに生還。
めんたいはなかなかリングに戻れず、旭の孤立が続く。
ようやく復活しためんたい、旭との好連携で逆襲に転じる。
旭の阿吽から、めんたいのコーナーtoコーナーのミサイルキック、
さらにとどめの阿吽を放ち、旭が21号から3カウント。


試合後、一回戦の怒りがまだ収まらない、相島&中洲が再び乱入。
狙いは決勝進出を決めたハンサムボーイズではなく、台風組。
負けた台風二人を完全KO。
相島に大ブーイングと帰れコール。
さらには、一回戦での大金星と二回戦での大善戦を讃え、
会場から、台風人生初の「台風コール」が巻き起こる。
台風コールで息を吹き返した台風は、ベビーフェイスさながら、
大声援に応えた。


5.~盟友~ シングルマッチ 45分1本勝負
○白波佑助(18分29秒 不二才)×クルメンひろせ


タッグトーナメント2連覇の白波が、今回のトーナメントは辞退し、
クルメンひろせとのシングルマッチ。
試合前のVTRで、白波が年明けからのメキシコへ武者修行を発表。
本拠地、天神ラストマッチにどうしても、「かつての同期」クルメンと
闘いたかったと明かされた。


試合は、お互いの今の実力を確かめ合うような、
緊張感たっぷりのじっくりとしたグランドの取り合いからスタート。
5分すぎから、ゴツゴツとした激しいチョップ、エルボーの打ち合い、
普段は華やかな空中戦を得意とするクルメンも、
同期…白波に容赦ないえげつないソバットやエルボーをぶち込む。
お互いに一歩も引かず、ふらふらになりながらシバキ合う二人。
ラストは、白波の強烈な雪崩式キャプチュード、
さらに得意の是空から、必殺.不二才でクルメンからギブアップを奪い激戦に幕。


試合後、マイクを持った白波、クルメンに感謝の言葉を贈り抱き合った。
「クルメン…ありがとう!試合ができて良かったです。
 これが僕たちの絆です。今度は素顔でやろう!」


そして、ファンに改めて挨拶。
「1月からメキシコに旅立ちます!
 メインでは、トップレスラー4人が登場しますが、
 帰ってきた時は、そのトップレスラー達をぶったおします!!」


※尚、メキシコ武者修行が決定した白波は、
「筋肉シリーズ」は今回でラストマッチとなりますが、
 年内の大会については出場いたします。


6.博多 華味鳥杯2010 1DAYタッグトーナメント 優勝決定戦
×筑前りょう太&TAKAみちのく(20分10秒 めんたい式高角度前方回転エビ固め ○めんたい☆キッド&旭志織


※めんたい☆キッド・旭志織 組の優勝!

博多華味鳥杯1DAYタッグトーナメント優勝決定戦。
筑前超えを果たし、九州プロレス新時代のエースを目指すめんたいと、
筑前超えをサポートする旭のハンサムボーイズ。
希望通り、決勝は筑前&TAKAと激突!


試合はめんたいと筑前からスタート。
タックル合戦は、体格差で敵わないが、スピードと跳躍力でカバー。
打点の高いドロップキックで一矢を報いる。
旭とTAKA は勝手知ったる対戦で裏のかきあい。
ようやく、めんたいと旭は、チームとしての連携を駆使。
旭の手を借りて、コーナー駆け上がり、綱渡り式のミサイルキックを
TAKAに炸裂。さらに予告しての連携技「ハンサムバスター」を狙うも
筑前のカットで未遂に終わる。
筑前とTAKAの逆襲にめんたいが捕まる展開へ。
変わった旭は、筑前に果敢に挑むもパワーの差は歴然。
ならばと、筑前の片足をとり、レフェリーの手にかけ押し倒す。
さらに、助けに入ったTAKAと筑前を組み合わせ、二人同時への卍固め。
そして旭とめんたい連続場外ダイブ。
筑前とTAKAも負けじと、ジャストフェイスロックとかつぐばいの競演。
15分すぎ…勝負へ出たハンサムボーイズ。再び好連携。
旭、筑前へ阿吽を放ち、ダウンした筑前へめんたいフットスタンプ。
満を持して、二人がかりで「ハンサムバスター」(W筋肉バスター)を決める。
さらに、コーナーtoコーナーのミサイルキック、めんたいスプラッシュと
畳みかけるも筑前の壁は崩せない。
筑前も怒濤の反撃。スピアー、がつんといくばい、タイガードライバー、
さらにとぶばい、がつんといくばい2連発!
なんとかクリアしためんたいは、身長差を逆手に取った、
めんたい式高角度前方回転エビ固めで大きな筑前を丸め込み、
しっかりと逆転の3カウントを奪った。


試合後、マイクを持っためんたい。
「筑前さん!勝ちましたバイ!
 九州プロレスで、3カウント聞いたことなかろうもん!
 聞かせてよ!気持ちはどうね?」


筑前
「エースは譲るわけにはいかんったい!
 お前のため、九州の未来のため、負けるわけにはいけんたい!
 いつでもやってやる!いや、次やろう!
 1対1だ!真の決着つけよう!
 俺はまだまだここを引っ張りたい!」


めんたい
「来年一発目、絶対負けんけんねー!
 3カウントとるけんね!
 旭先輩、あなたのおかげ!怪我はないですか?
 僕は体、全部痛いけど、痛くても、絶対無理と言われても、
 エースになります!」


筑前が去ったリングで、めんたいと旭の二人が、
「九州ば元気にするバイ!」でしめた。



尚、筑前の要求を受け、次回2011年1月30日、
福岡市天神スカラエスパシオで行われる「バトルエスパシオ」
において、筑前りょう太vsめんたい☆キッドの一騎打ちが決定した。
  1. 2010/12/07(火) 15:07:22|
  2. 試合結果

12/4 佐賀大会試合結果

12/4 九州プロレス佐賀大会
「がばい筋肉2010in佐賀」佐賀・佐賀市街なか交流広場



1.久留米ラーメンVS千葉のよか男 シングルマッチ20分1本勝負
×クルメンひろせ(9分31秒卍固め)○旭志織

2.薩摩×カルデラ暴風駆除 タッグマッチ30分1本勝負
○阿蘇山&白波佑助 (14分24秒体固め) 黒影&×台風20号

 ※万トーンから

3.がばい祭2010スペシャル6人タッグマッチ60分1本勝負
筑前りょう太&TAKAみちのく&×めんたい☆キッド(16分56秒エビ固め) ○相島勇人&ディアブロ&中洲ヨースケ
※垂直落下式ブレーンバスターから

4.がばい祭杯争奪全選手参加ロイヤルがばいランボー2010
○めんたい☆キッド(19分23秒めんたい☆スプラッシュ)×台風20号

※入場順
1めんたい、2中洲、3クルメン、4旭、5阿蘇山、6黒影、7台風、8白波、9相島、10ディアブロ、11筑前、12TAKA

※退場順
1中洲、2黒影、3クルメン、4旭、5白波、6相島、7ディアブロ、8筑前、9、TAKA、10阿蘇山







  1. 2010/12/06(月) 12:54:47|
  2. 試合結果
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。